までのイベントを検索

旧福岡県公会堂貴賓館 (国指定重要文化財)

詳細 旧福岡県公会堂貴賓館は那珂川と薬院新川が合流する三角州の先端、西中洲の一角に建てられました。その目的は明治43年(1910年)に開催された第13回九州沖縄八県連合共進会の来賓接待所として使用する為でした。
九州沖縄八県連合共進会とは、同業者の見識を開発し、物産を比較してその改良発達を図るのが目的で企画され、第一回明治15年の長崎に続き鹿児島、熊本、佐賀と催され、第五回目が20年春初めてこの福岡で行われました。この建設の設計・監督は福岡県土木部技師であった三條栄三郎であり、竣工された明治43年4月には閑院宮御夫婦の宿泊所として利用されたほか、共進会開催中は来賓を接待しての夜会が開催されていました。共進会終了後は県の公会堂として一般市民に利用されていましたが、戦後は福岡高等裁判所、 福岡県農林事務所などに転用され、昭和31年11月以降は福岡県教育委員会庁舎として使われています。
その後、福岡県庁新設の移転に伴って教育委員会も昭和56年に移転し、その跡地は都市計画公園「天神中央公園」 の一部となることから、跡地内の諸施設は取り壊しが決定となりました。
しかし、旧公会堂のうち貴資館だけは数少ない貴重なフレンチルネサンス様式の木造建築物として重要文化財に指定され、公園施設として活用されることに。現在では、「河畔に建つチューリップ屋根の公会堂」として、広く県民に親しまれています。

◆作品展示について
写真、音楽、絵画、あらゆるジャンルの芸能活動を応援します。
地域で活動されている方や、福岡にゆかりのある方、貴賓館で作品を展示してみませんか?
お気軽にお問い合わせください。
私たちは、文化的啓発事業推進の一環として、地域で活動されている方を応援しています。
住所 福岡県福岡市中央区福岡市中央区西中洲6-29       旧福岡県公会堂貴賓館
交通アクセス ・地下鉄天神 → 徒歩8分
・キャナルシティ博多 → 徒歩9分
営業時間 9:00~18:00

大人200円 / 児童100円(15歳未満)
団体大人160円 / 団体児童80円

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者は無料となります。
※6歳未満、65歳以上の方は無料となります。また30名以上より団体となります。
定休日 月曜日(月曜日が休日のときは翌日、及び12月29日から1月3日まで)
駐車場 駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
お問い合わせ
TEL:092-751-4416
ホームページ http://www.fukuokaken-kihinkan.jp/