• 映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』舞台挨拶に主演の堀未央奈が登壇!!

    原作・相原実貴が描いた販売部数累計450万部を超える人気コミック「ホットギミック」。社宅を舞台に3人の魅力的な男性が1人の純朴な少女に恋をする、目の離せないストーリー展開が多くの読者を奪った、伝説的コミックが遂に映画化!  
    6月28日の公開に先駆け、T・JOY博多では舞台挨拶が行われ、初めての恋に悩む主人公・成田初を演じた、国民的アイドルグループ乃木坂46の次世代エース・堀 未央奈さんが登壇した。  
    満員の会場は彼女が現れた瞬間、歓声に包まれ「福岡には、乃木坂46のライブで何回か来たことがあるんですが、まさかこうして、舞台挨拶で来れるとは思ってませんでした。福岡はご飯も美味しくて、女の子がすごい可愛いですね。私は食べることが好きなので、福岡に住みたいです」と福岡に来れた喜びを語ってくれた掘さん。 今回が映画初出演で初主演となった堀さんは撮影現場について「現場の雰囲気感がとても素敵で集中力があり、そしてとても暖かい現場で、みんなで協力していった現場でしたね。」と。さらに以前、乃木坂46のMVで一度仕事をしたことがある山戸監督については「女の子同士で、言葉が無くても分かり合えるみたいなのって、友達同士であると思うんですけど、本当にそんな感じで。お互いに同じことを言おうとしていたねとか、同じこと考えていたねとか、山戸監督との間にあったので、監督の演出とか言葉にもすごく共感しながら、演じられたと思います。」と語った。
     「原作を読んだ時は、お兄ちゃんの凌くんがしっかりしていて包容力があるなって思ったんですが、実際に演じてみると、輝くんも梓くんも素敵で。年齢によって、好きになるタイプが違うかもしれないですね。でも、なんだかんだ私はお兄ちゃんがいいかもしれないですね(笑)。女性は観た後に、誰がいいとかという話ができますね」。さらに「高校生の役なので、ほぼスッピンの私を見ることができます」とファンを多いに喜ばせた堀さん。


    映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、UCキャナルシティ13、T・ジョイ博多 他で2019年6月28日(金)より全国ロードショー。

     

     

     

     

     

    映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
    • 【監督・脚本】山戸結希
      【原作】相原実貴「ホットギミック」
      【キャスト】堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗
      ⓒ相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会