までのイベントを検索
  • マリンワールド海の中道
     深海展~五島海底谷~

    マリンワールド海の中道にて、『深海展~五島海底谷~』好評開催中!
    今なお多くの謎に包まれた深海。その未知なる世界を、有人潜水調査船「しんかい6500」による写真や映像、マリンワールドの標本コレクション、様々な海洋研究機関の活動など、豊富な資料と共に紐解いていきます。

    今回新たな展示コーナーとして、マリンワールドの標本コレクションが深海ゾーンに登場します。そのほかに透明標本の展示やマリンワールドでの採集活動、標本ができるまでの過程をご紹介。

    深海の未知なる世界を旅しませんか?

    ◆深海にまつわる展示が盛りだくさん!
    ・ JAMSTEC(海洋研究開発機構)の研究活動紹介
    ・ 有人潜水調査船「しんかい6500」がとらえた深海のすがた
    ・ 造形作家・角孝政氏による深海生物の模型展示

    【日程】2019年10月11日(金)~2020年2月2日(日)
        3月~11月:9:30~17:30
        12月~2月:10:00~17:00
    【場所】1F「九州の深海」ゾーン

     

    【住所】 福岡市東区 西戸崎18-28 マリンワールド海の中道
    【営業時間】2020年1月~2月:10:00~17:00
    【休館日】2月第1月曜日とその翌日(連続2日間)
                  ※ご入館は閉館の1時間前までとなります。
                  ※台風、落雷等荒天の場合は予告なく営業時間の変更又は臨時休業をする場合がございま
                     す。
    【料金】大人/2,350円 高校生/2,350円 小・中学生/1,100円 幼児(3歳以上、小学生未満)600円            

     

    ○詳細はコチラ

     

     
      •  

                         

  • いのちのたび博物館
     コレクション大集合 モノが語る私たちの暮らしと自然

    当館に寄贈されたコレクションを精選し、約400点の資料をご紹介。
    さらに、これらのコレクションから読み取れる、かつての自然の姿や文化をご紹介し、博物館が資料を集める意義を知っていただきます。

    【日程】2019年12月21日(土)~2020年2月11日(火・祝)
                9:00〜17:00(最終入館16:30)

     

    【住所】 北九州市八幡東区東田2-4-1 いのちのたび博物館
    【営業時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
                     ※2月16日(日)の開館時間 11:00~17:00(入館は16:30まで)9:00~11:00は休館
                     ※交通規制により多少前後することがあります
    【料金】大人/600円 高校生以上の学生 /360円
                小・中学生/ 240円(※わらべの日[毎月第2日曜日]は無料)

               北九州市・福岡市・熊本市・鹿児島市・下関市在住で65歳以上の方/180円
               ※公的機関が発行した証明書(住所・氏名・生年月日の記載のあるもの)の提示が必要です。
                (例:運転免許証、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、マイナンバーカードなど)

               ※下記の手帳等をご提示いただければ、無料でご覧いただけます。
                  療育手帳(本人と付き添いの方1名)
                  身体障害者手帳(1級~4級 : 本人と付き添いの方1名、5~6級 : 本人のみ)
                  精神障害者保健福祉手帳(本人と付き添いの方1名)

     

     

    ○詳細はコチラ

     

     
      •  

                         

  • 福岡市科学館
    マンモス展 その「生命」は蘇るのか

    福岡市科学館にて、「マンモス展 その「生命」は蘇るのか」好評開催中!
    2005年「愛・地球博」で700万人が熱狂した「ユカギルマンモス」をはじめ、近年ロシアの永久凍土から発掘された数々の貴重な凍結標本を世界初公開する、史上最大規模のマンモス展開催。

    奇跡の発見を体験しよう!!

     

    【日時】2019年11月23日(土・祝)~2020年2月23日(日・祝)
                9:30~18:00(入場は閉場の30分前まで)
    【休館日】毎週火曜、12月28日~1月1日は休館
                  ※火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日を休館。
                  ※春休み、ゴールデンウィーク 、夏休み、冬休み(年末年始を除く)期間中は毎日開館。
    【料金】一般1,200円、高大生1,000円、4歳以上500円 

     

    【住所】福岡市中央区六本松4-2-1 福岡市科学館
    【営業時間】 9:30~18:00(入場は閉場の30分前まで)
    【電話】 092-731-2525

    ◯会場詳細はコチラ

     

              

     

  • キャナルシティ博多
    星のカービィの『 KIRBY CAFÉ (カービィカフェ)博多』 第2章

    今までの人気メニューに加え、博多初となる新作のフード、スイーツ、ドリンクをお届けします。新作フードメニューは「カービィのぽかぽかビーフシチュー 温野菜添え」や、福岡ならではの「ラーメン」をモチーフにした「カービィのすいこみ!とんこつラーメンドッグ」、雲に飛び込んだカービィのお尻がキュートな「カービィのさがしもの」など、新たに11種類が登場。メニューについてくるスーベニアシリーズも博多限定柄で登場します。
    また、キャナルシティ博多内の別会場では、「星のカービィ」のグッズショップ「カービィカフェ ザ・ストア」も同時開催!博多限定グッズを含む、カービィカフェのオリジナルグッズをはじめとする「星のカービィ」グッズのお買い物もお楽しみいただけます。

    星のカービィファン必見!キャナルシティ博多で、新たに「コーヒー」をテーマに展開する、カービィと仲間たちのかわいくて目にも楽しい本格的なグルメの世界をお楽しみください。

     

    【日時】2019年11月14日(木)~2020年2月24日(月祝)
                11:00~23:00(OS. 22:00)
                ※予約優先制。
                ※ご予約の受付は下記HPからのみとなります。
                ※カフェ併設のグッズコーナーのご利用もカフェのご予約が必要となります。 

     

    【住所】 福岡市博多区住吉1-2 キャナルシティ博多 ノースビルB1F
    【営業時間】 ショッピングゾーン:10:00~21:00 レストランゾーン:11時~23時
                      ※一部店舗により異なります。
    【電話】 092-282-2525 (受付:10:00~21:00 情報サービスセンター)

     ◯店舗詳細はコチラ

     

     

              

     

  • 旧福岡件公会堂貴賓館 
    森永健一写真展 ネコの矜持~proud of cat~

    福岡在住のネコ写真家でありブライダルカメラマンのモリケンこと森永健一さん。
    福岡の相島や九州の島々で出会ったネコたちの可愛い姿を写真に収めた作品展を重要文化財・貴賓館にて開催します!
    22日(ネコの日)・23日にはトークショーも開催予定です!
    ぜひお越しください!期間中は作品の入れ替えも行います。ネコグッズもありますよ♪

     

    【日程】2020年1月21日(火)~2月24日(月)
     【料金】大人200円 子ども100円 (6歳以下・65歳以上は無料)
     【住所】福岡市中央区西中洲6-29旧福岡件公会堂貴賓館
              

     

    ◯詳細はコチラ

     

  • 筥崎宮
     筥崎宮 神苑 花庭園冬ぼたん 一般公開

    筥崎宮の参道に隣接する本格的な回遊式日本庭園の「神苑 花庭園」では、2020年1月1日(元日)~2月29日(土)まで富貴の花・冬ぼたんを一般のみなさまに公開いたします。
    新春の筥崎のご参拝の後は、冬景色に凛と艶やかに咲く冬ぼたんに、会いに行きませんか?

    ◆神苑 花庭園
    神苑 花庭園は天正15年(1587年)豊臣秀吉が箱崎大茶会を開いてより400年、地下鉄2号線「筥崎宮前駅」開通などを記念して昭和62年4月開園。四季折々に咲く花々をお楽しみください。

    【日程】2020年1月1日(元日)~2月29日(土) 9:30~16:30
        (期間中は毎日開苑いたします。)

     

    【住所】 福岡市東区箱崎1-22-1 筥崎宮 神苑 花庭園(正面参道沿)
    【料金】入苑料 500円
              ◆筥崎宮のお守り、御朱印のご呈示で、入苑料を割引させていただきます。
                 入苑料 500円→300円
                 ※父兄同伴の場合、中学生以下無料。
                 ※周辺道路は駐車禁止ですので駐車場をご利用ください。
                 ※駐車場への出入りは国道3号線からお願いします。
                 ※国道3号線を横断される際は、横断歩道か歩道橋をご利用ください。           

     

    ○詳細はコチラ

     

     
      •  

                         

  • 福岡アジア美術館
    木梨憲武展 Timing-瞬間の光-

    アーティストとして高い評価を受ける木梨憲武。
    2018年6月にロンドンでの個展で披露した新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど約150点の作品を展示。

     

    【日時】2020年1月26日(日)~3月1日(日) 9:30~18:00
               ※金、土曜は20:00まで
               ※最終日は17:00まで
               ※入場は閉場の30分前
    【休館日】毎週水曜
    【料金】前売一般1,100円 中高生500円 ※当日200円増 

     

    【住所】福岡市博多区下川端町3-1リバレインセンタービル7・8階 企画ギャラリーA,B,C
    【営業時間】9:30~19:30(金曜・土曜は20:00まで)
     

    ◯会場詳細はコチラ

     

              

     

    • ©NORITAKE KINASHI
      /撮影:杉田裕一

  • 三菱地所アルティアム
    数寄景/NEW VIEW-日本を継ぐ, 現代アートのいま

    人気作家から若手まで17組のアーティストによる作品を、古くより息づく日本独自の美意識から紐解き、8つのセクションで紹介する『数寄景(すきけい)/NEW VIEW-日本を継ぐ, 現代アートのいま』を開催いたします。

    私たち日本人は、外来文化を受け入れ、そこに独自の洗練を加えることで、創造性の高い文化をつくってきました。日本文化の特質であるこの創造性は、グローバリズムが台頭する現代においても絶えることなく、脈々と受け継がれています。

    本展は、このような日本美術の「文化遺伝子」を継承するアーティストたちの身振りにフォーカスすることで、これからの日本美術への問いかけと、可能性を見出します。
    展示構成は、日本文化のキーワードから選んだ、「あやし」「見立て」「うつろひ」「なぞらえ」「かさね」「ゆらぎ」「今様」「奇想」の8つのセクションごとに、それぞれ2組(一部3組)のアーティストの作品を対峙。お互いがせめぎ合い、重なり合う、現代アートのいまを体感できる場を仕掛けます。現在もっとも注目を集めるアーティストから新世代のアーティストまで、現代の「数寄者」たちの織りなす、自由闊達で創造力あふれる展示空間を風景に見立て、展覧会タイトルを『数寄景/NEW VIEW』としました。「平成」から「令和」への転換を迎え、彼らの作品は、私たちにどんな新しい風景「NEW VIEW」を見せてくれるのでしょうか。


    【出品作家17組】
    青山悟/赤松音呂/池田学/岩崎貴宏/岡本瑛里/荻野夕奈/金子富之/川人綾/木村了子/teamLab/中北紘子/橋爪彩/水野里奈/宮永愛子/宮本佳美/山本竜基/淀川テクニック

    ◆オープニングレセプション
    本展キュレーションを務めた三潴末雄氏が来場いたします。
    [日時]2月1日(土)18:30~20:00
    [会場]三菱地所アルティアム(イムズ8F)
    ※参加無料・予約不要

    ◆ トークイベント「日本的美意識と現代アート」    
    [日時]2月1日(土)開場13:45 開演14:00(90分程度)
    [会場]セミナールームA(イムズ10F)
    [登壇者]三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)、
    小崎哲哉(ジャーナリスト/『現代アートとは何か』著者)
    [参加費]500円
    [定員]50名(自由席)
    [申込]アルティアム(Tel092-733-2050)まで要電話予約。
    1月4日(土)10:00より受付開始。

    ●2会場特別開催!
    「数寄景/NEW VIEW-日本を継ぐ, 現代アートのいま」
    [会期]2020年2月26日(水)~3月8日(日)
    10:00~20:00
    ※アルティアム会場と開幕日が異なります。ご注意ください。
    ※最終日は17:00閉館(ご入館は閉館の30分前まで)
    [会場]福岡市中央区天神2-1-1福岡三越9階「三越ギャラリー」
    [入場料]一般・学生500(300)円(税込) 高校生以下無料
    ※三菱地所アルティアム「数寄景/NEW VIEW-日本を継ぐ, 現代アートのいま」チケット提示で2名様まで100円引
    ※その他詳細および三越ギャラリー会場のイベント情報などは、下記にお問い合わせください。
    [お問合せ]
    福岡三越 Tel:092-724-3111(大代表)

     

    【日程】2020年2月1日(土)~3月8日(日) 10:00~20:00
               ※2月18日(火)、2月19日(水)
    【住所】 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
    【料金】  一般:400(300)円 学生:300(200)円
                 再入場可。高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
                 ※( ) は前売料金 / チケットぴあ・10名以上の団体料金
                 ※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料           

     

    ○詳細はコチラ

     

     
  • 福岡市美術館
    大浮世絵展 -歌麿、写楽、北斎、 広重、国芳 夢の競演

    本展は、2014年に開催した全国3会場で約38万人を集め、浮世絵ブームを作り出した「大浮世絵展」に続く展覧会。
    喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川 広重、歌川国芳という5人の人気絵師の代表作を、国内外から集めて一堂に会する大規模な展覧会。歌麿は美人画、写楽は役者絵、 北斎と広重は風景画と花鳥画、国芳は武者絵と戯画…各絵師が得意としたテーマで精選 した作品群約300点を紹介。会期中は展示替えを行い、常時約150点を陳列します。
    世界を魅了する浮世絵の美のエッセンスを存分にご堪能ください。

    ★同時開催!R18
    受贈記念特別公開『まぼろしの春画 国貞三源氏』
    [日程]2020年1月28日(火)~3月22日(日)
    [場所]福岡市美術館 特別展示室
    [料金]『大浮世絵展』の観覧券でご覧になれます。
    ※本展示のみ観覧の場合、300円(18歳以上)
    [主催]福岡市美術館、読売新聞西部本社、FBS福岡放送、チケットぴあ九州

     

    【日時】2020年1月28日(火)~3月22日(日) 9:30~17:30
              (入館は閉館の30分前まで)
    【休館日】毎週月曜日(ただし、2月24日は開館し、翌日2月25日を休館)
    【料金】一般(18歳以上)1.500円(1,300円)
               高校生(18歳未満)800円(600円) 小中生500円(300円)
              ※( )内は前売りおよび20名以上の団体、満65歳以上の割引料金
              ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾
                患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者
               証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料
              ※「一般」には、満18歳以上の高校生、大学生、専修学校生等を含みます。
              ※本展の一般観覧券で入場できる「国貞三源氏」展にて春画の展示をいたしますので、観覧券購
                入の際、身分証のご提示にて年齢を確認させていただく場合がございます。

     

    【住所】福岡市中央区大濠公園1-6 福岡市立美術館 特別展示室
    【営業時間】 9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
     

    ◯会場詳細はコチラ

     

              

     

  • 久留米市美術館
    日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ショパン——200年の肖像

    ‘ピアノの詩人’と呼ばれるポーランド出身の作曲家、フリデリク・ショパン(1810−1849)。その優美繊細なメロディの数々は、私たちに馴染み深いものです。一方で、彼の生きた時代や、その人物像は一体どのようなものだったのでしょうか。

    今回の展覧会では、遺された自筆譜をはじめとする数々の資料から、混迷する19世紀前半のワルシャワやパリで生き、愛し、音楽の可能性を追求したショパンの実像に迫ります。生前から現在までのショパンの肖像、彼が暮らした都市、周辺の人々、日本でのショパン受容、その名を冠したピアノコンクールなど展示資料の総数は約250点。特に、「エチュード」(作品10−8)などポーランド国外に出ること自体が珍しい楽譜や手紙は必見です。

    日本とポーランドの国交樹立100周年を記念する展覧会として、日本初公開品を含む貴重な資料や絵画、ポスター、書籍といった多彩な展示から、年月を経てさらに輝きを増すショパンの魅力をお楽しみください。


    【関連イベント】
    (1)レクチャーコンサート(1)
    ショパンの「ポロネーズ」そのリズムの源泉~宮廷舞踏ポロネーズ
    [日程]2月16日(日)
    [ダンスとお話]浜中康子氏 [チェロ]中木健二氏ほか

    (2)レクチャーコンサート(2)
    ショパン~誕生から二十歳の旅立ちまで
    [日程]3月1日(日)
    [お話]関口時正氏 [ピアノ]小早川朗子氏

    (3)記念講演会
    「ショパンの人と音楽 小説『葬送』を巡って」
    [日程]3月7日(土) 14:00~15:30 (開場13:00)
    [講師]平野啓一郎氏(作家)
    [会場]共同ホール(全席自由)
    [参加費]無料 要申込み

    (1)~(2)は、石橋文化ホールでのコンサート(チケット発売中)
    [お問合せ先]久留米文化振興会TEL:0942-33-2271

    (3)の講演会は事前申込制
    希望参加者の氏名(4名まで)及び、代表の方の住所・氏名・連絡の取れる電話番号を明記の上、ハガキまたはFAXで久留米市美術館まで。
    [申込先]
    〒839-0862  久留米市野中町1015 久留米市美術館(記念講演会係)
    FAX: 0942-39-3134
     
    [締切日]2020年2月4日(火)※申し込み多数の場合は抽選
    ※当落については2月12日(水)までにお申し込みいただいた全員にお知らせします。
     
    ☆ほかにも、ギャラリートーク(2月1日、3月15日)、展覧会を楽しむ講座(2月20日)などを予定。

     

    【日時】2020年2月1日(土)~3月22日(日) 10:00~17:00(入館は16:30まで)
    【休館日】月曜日(2月24日は開館) 
    【料金】一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、
                大学生500円(300円)、高校生以下無料
                ※障害者の方は手帖のご提示で、ご本人と介護者1名は一般料金の半額
                ※( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
                ※上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。
                ※前売り券はチケットぴあ、ローソンチケット等にて600円で販売
                (Pコード769-564、Lコード86696) 

     

    【住所】 久留米市野中町1015 久留米市美術館 2階展示室
    【営業時間】 10:00~17:00(入館は16:30まで)
    【電話】 0942-39-1131

    ◯会場詳細はコチラ

     

              

     

  • 九州国立博物館
    ルネ・ユイグのまなざし 特別展「フランス絵画の精華」 大様式の形成と変容

    本展は、フランス絵画がたどった魅力あふれる3世紀を油彩画の傑作69点(うち17点は日本初公開)やデッサン作品17点(うち16点は日本初公開)などを通して一望できます。

    《みどころ》
    ◆フランス絵画の流れがよく分かる
    17世紀の古典主義、18世紀のロココ美術、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て印象派誕生前夜までという、フランス絵画がたどった魅力あふれる3世紀を一望できます。

    ◆油彩画の傑作が目白押し
    フランスのルーヴル美術館、オルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿美術館、イギリスのスコットランド・ナショナル・ギャラリーやドイツのベルリン国立絵画館及び東京富士美術館などから油彩画の傑作69点(うち17点は日本初公開)を集めました。

    ◆観察力や表現力の違いに注目
    ルーヴル美術館と大英博物館が所蔵する、デッサン作品17点(うち16点は日本初公開)には画家の個性があふれています。

    ◆一部会場撮影可能エリアも
    本展では、エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン《ポリニャック公爵夫人、ガブリエル・ヨランド・クロード・マルチーヌ・ド・ポラストロン》、ジャン=アントワーヌ・ヴァトー《ヴェネチアの宴》のみ会場の撮影が可能です。
    ※フラッシュ・三脚等の使用は禁止とさせていただきます。

     

    【日時】2020年2月4日(火)~3月29日(日)
              ●日曜・月~木曜 9:30~17:00(入館は16:30まで)
              ●金曜・土曜【夜間開館】9:30~20:00(入館は19:30まで)
    【休館日】休館日:月曜日
                  ※ただし、2月24日(月・休)は開館、2月25日(火)は休館。
    【料金】一 般 1,600円/高大生 900円/小中生 500円
              【夜間割引料金】一 般 1,400円/高大生 700円/小中生 300円
               ※夜間開館当日17:00以降に当館券売所で販売。夜間割引料金で購入されたチケットで17:00
                  以前に入場することはできません。

     

    【住所】 太宰府市石坂4-7-2  九州国立博物館
    【営業時間】 ●日曜・月~木曜 9:30~17:00(入館は16:30まで)
                 ●金曜・土曜【夜間開館】9:30~20:00(入館は19:30まで)

    ◯会場詳細はコチラ

     

              

     

    •  エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン
      《ポリニャック公爵夫人、ガブリエル・ヨランド・クロード・マルチーヌ・ド・ポラストロン》
      1782年、油彩・カンヴァス、92.3×73.6cm、ヴェルサイユ宮殿美術館
      Photo © RMN-Grand Palais(Château de Versailles)/ Gérard Blot / distributed by AMF

  • 北九州市
    まちなか暖ラン♪

    「まちなか暖ラン♪」とは、冬季の電力需要が高まる時間帯(17~20時)に、家庭でエアコンやテレビをつけて過ごすのではなく、まちなかの店舗などに出かけてもらうことで、家庭の省エネ・節電等を図るとともに、まちなかのにぎわいづくりを進めるプロジェクトです。

    「まちなか暖ラン♪」参加店舗で、おトクなサービスがいっぱい受けられます!
    参加店舗では、「まちなか暖ラン♪」ポスターを貼っています。17時~20時の間に「ていたんカード」を提示すると、店舗独自のサービスを受けることができ、さらに、「ていたんポイント」がもらえます。ポイント数は、店舗2ポイント、図書館1ポイントです。
    「ていたんポイント」を集めると、「ていたんグッズ」などが当たる抽選会に参加できます。参加店舗や図書館、環境学習施設等で配布している、「ていたんカード」を受け取って、「まちなか暖ラン♪」に参加しましょう!

    まちにでかけて、快適なエコ体験を楽しみましょう。

     

    【日時】2019年12月1日(日)~2020年3月31日(火)17:00~20:00) 

     

    【住所】 北九州市周辺
    【電話】 093-582-2286 北九州市 環境局 温暖化対策課

    ◯会場詳細はコチラ

     

              

     

  • ☆情報は追加していきますので、チェックしてくださいね!