までのイベントを検索
  • 映画『小さな恋のうた』九州プレミアム試写会に、眞栄田郷敦と橋本監督がサプライズで登場!

     

    •  
    •  

     

    日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの”国”が存在する沖縄。ある人気高校生バンドがプロデビューを決めるが、突然の事故により、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む1人の少女。それにより、再び彼らの時間が動き出す―。
    「広い宇宙の数ある一つ、青い地球の広い世界で・・・」誰もが口ずさんだ、あの名曲。
    MONGOL800が2001年にリリースした「小さな恋のうた」。平成で最も歌われたカラオケランキングの中で、男性アーティスト第1位に輝き、今なお歌い継がれるこの名曲。今回この歌からインスパイアされ、バンドと楽曲の生まれた土地や歴史の背景に思いを馳せたオリジナルストーリーで綴られた、一本の映画が誕生した。

    今回、映画『小さな恋のうた』九州プレミアム試写会が行われ、会場に人気高校生バンドのギター兼作曲もおこなう譜久村慎司役を演じた眞栄田郷敦さんと、橋本監督が客席の後方から登場。サプライズでの2人の登場に会場は大盛り上がり、大きな歓声と共にステージへ。
     

    ●九州でのプレミアム試写会を終えられ、いかがですか?

    眞栄田:今回、僕はデビュー作として出演させていただいたのですが、最初不安ばかりでしたが、監督をはじめ素敵なキャストやスタッフに支えられて乗り越えられました。

    監督:いつも、映画を初めて観てもらう時は、作り手として緊張してしまいます。映画とは、僕たちの手では99%までしか出来なくて、残りの1%とは観客の方々の心に届いて、初めて完成するものです。だから、今日福岡の方に初めて観ていただいたということで、完成したと思い、ホッとしています。映画の中に、歌の中に、込めた思いが皆さんに届いてくれたら嬉しいです。

    ●全編、沖縄での撮影でしたが、沖縄の町に出かけたりとかもあったんでしょうか?

    眞栄田:国際通りに鈴木仁くんと2人で行って、兄弟に間違えられたり、森永さんの部屋で佐野さんと鈴木くんと4人でご飯を食べたりしました。森永さんが沖縄料理を作ってくれ、健康面も考えて、雑穀米とかも出してくれたんです。一緒に住みたいと思うほど、森永さんの料理は美味しかったです。

    監督:この前、森永くんに急に謝られて。「僕、毎日夕方になると今日のメニューどうしたらいいか、ばかり気になってました」って、それで初めて知ったんです。

    ●眞榮田さんは、本作で俳優デビューとなりましたが、監督とは現場でどのようにやりとりをして、役のイメージを固めていったんですか?

    眞榮田:役のイメージでいうと、半年間バンド練習をさせていただいたので、その中でバンドでの立ち位置だとか、キャラクターとかを掴んでいった感じでした。監督は自分たちが思っていることとか表現したことを受け止めてくださって、基本的には「気持ちを大切に」って言っていただき、自由にさせていただきました。

    橋本:今回の映画は高校生が恋に、音楽に情熱を込めた映画なので、こういう映画をやる時は、今、高校生に一番近い演じる彼らがその目で台本を読んで、演技を作りあげていく。そしてそれを僕がどう受け止めて、どうしていくかが大事だと思ったので、まずは自由に演じてもらいました。何も細かく言う必要もなかったです。初めは楽器もできなかった彼らが、半年間の練習の中で、徐々に、徐々にバンドになっていき、彼ら自身が自然に感じて築き上げていったものが映画にとって大事だったかなって思います。

    ●本作の脚本を読まれて印象と、撮影が大切にされた点は?

    監督:脚本としては素晴らしい作品なんですが、東京出身の僕が沖縄の問題に触れるのはプレッシャーのあることで。この映画を企画したのはプロデューサーの山城さんで、彼はMONGOL800の後輩で実際に、高校生で歌っている時に客として聞いていた人なんですね。卒業後もPVとかを撮ってきた彼が作った企画なので、そんな大事なものを受け取るっていうのは、すごくプレッシャーは大きかったです。何度も彼と話していくなかで、誠実に向き合って作っていこうと思いました。途中からは基本的には高校生たちの歌を姿を描いた青春映画として、その部分を重点的に描けたらいいなって思いました。ただ、沖縄で高校生生活を送るってことは、大人たちが作ってしまった現実の中に巻き込まれるって中で、基地の問題が絡んでくるという、そこのバランスをどう扱うかは、撮影している時も、編集している時も気をつけていました。

     

    映画を観客と一緒に鑑賞した眞榮田さんは、「泣いている方もいて、直接どう思っているのかを知ることができて、良かったです。」と今回の九州プレミアム試写会を振り返った。
    映画『小さな恋のうた』は、T・ジョイ博多、UC 福岡ももち 他で2019年5月24日より全国ロードショー。

公開記念トークショーの画像一覧

  •