までのイベントを検索
  • 映画『アリータ:バトル・エンジェル』公開記念!
    イベントスペシャルゲスト「LinQ」メンバー登場!!

     

    •  

     

     SF漫画の最高峰といて語り継がれ、日本はもとより世界15カ国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝統の漫画「銃夢」。長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロンが製作・脚本を手がけ、遂に『アリータ:バトル・エンジェル』として2019年2月22日(金)より公開!

     今回、公開を記念して、日本初で話題のドルビーシネマにて、日本初福岡限定『アリータ:バトル・エンジェル』ドルビーシネマ3D試写会が行われた。上映前には福岡発の人気アイドルLinQメンバーから、吉川千愛さん、海月らなさん、新木さくらさん、高木悠未さん。さらに、福岡のゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表取締役社長・松山洋さんが登場。
     ひと足先に作品を鑑賞したという皆さん。作品の感想を聞かれたLinQの新木さんは「映画が大好きなんですが、あまりSF映画を観たことがなく、どんな感じだろうと思っていたんですが、本当に見入ってしまいました。小さい男の子が、戦隊ものに憧れたりするように、私自身もアリータにものすごく憧れを持ちましてた。普段、恋愛映画が好きなんですが、しっかりラブシーンとかも描かれていて、楽しかったです。男性の方はもちろんですが、女性の方にぜひ観てもらいいた映画だと思いました」。LinQの高木さんは「まず驚いたのが、世界観に感動しました。サイボーグ同士がぶつかった時の音だったり。本当にすごかったんです。あと、アリータの格闘スキルが半端なくて、映画を観たあとにさくらと、アリータのマネをやりたくなるくらい影響されました。それに泣くと思っていなかったんですが、涙したシーンもありました。本当に皆楽しんでください」と。そして原作のファンでもあり、なんとドルビーシネマで作品をすでに鑑賞したという松山さんは「先日、ここで試写会を開いてもらったんですが、まー凄かったですね。作品が思っている以上に”銃夢”だったんですよ。私は元々漫画が好きで木城先生を応援していて、それをジェームズ・キャメロンが映画化するなんて!!この漫画が出たもの20年前ですから、待ちに待ちました。本当に”銃夢“で面白かったです。実写と3Dの融合、正直に言うと嫌な予感もしていたんですが、本当に綺麗に融合できていて、私自身も勉強になりました。」と原作好きの松山さんも大絶賛!!
     イベント終わり頃には、先日来日キャンペーンの際にスタッフとキャストがサインした貴重な直筆サイン入りポスターと、原作の木城先生のイラストに直筆サインしたポスターが会場の中からそれぞれ1名様にプレゼントされた。

    斬新で創造的な世界観。特徴的な大きな瞳のサイボーグの少女・アリータ。彼女から繰り広げれる最強戦士の技。どこをとても魅力な作品が登場。「銃夢」×ジェームズ・キャメロン×ロバート・ロドリゲス 、最強のタックが繰り広げる、誰も見たことのない”超進化”スペクタクル・アドベンシチャーが遂に2月22日(金)より公開。

     

公開記念イベントの画像一覧

  •