までのイベントを検索
  • 映画「翔んで埼玉」公開記念イベント『日本埼玉化計画 in 福岡』 

    「パタリロ!」で知られる鬼才・魔夜峰央のすさまじい埼玉ディスが詰め込まれた「翔んで埼玉」が遂に映画化!原作の「埼玉が東京に虐げられる」ストーリーに“埼玉の対抗組織・千葉”や“高みの見物・神奈川”、“秘境・群馬”ほか茨城、栃木など関東圏一帯を巻き込んだ大スペクタクルが加えられ、必要以上にスケールアップした【愛と革命の物語】が誕生!
    思わず笑ってしまう!いや、笑わずにはいられない。くだらないけど、面白い。そして何だか“埼玉”が愛おしく感じる!前代未聞のエンターテイメント超大作。
    今回2月22日の公開を前に、主演の二階堂ふみさんとGACKTさんが、公開記念イベント『日本埼玉化計画』で緊急来福!!埼玉ディスとともに、映画の魅力が伺えました!!

     

    実は生まれは埼玉県という、はなわさんの「翔んで埼玉」主題歌が流れるなか、東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美役を演じた二階堂ふみさん、白鵬堂学院に転入してきたアメリカ帰りの帰国子女・麻実麗役を演じたGACKTさんが登場。
     

    ―二階堂さん初の男役ですが?

    二階堂:始めはこの役を女性の役でどうですか?とお話を頂いたんですが、原作の世界観がしっかりとしていたので、ぜひ男性役でやらせて欲しいという相談をさせていただきました。世界観がかなりぶっとんでいるので、いけるのではないかと思いました。

     

    ―ではGACKTさんは高校生役ですが。始めオファーいただいてどう思われましたか?

    GACKT:最初断りました。無理がありすぎる、こんな高校生いないって言って。そしたら、原作の魔夜先生が「そういうのを超越しているから、ぜひ」と言われました。僕は魔夜先生の漫画や作品のファンでもあったので、今回演じることを決めました。
     

    ―高校生役を演じるにあたって大切にした点は??

    GACKT:無いです。超越していて、無理があるので。ただ、最初の撮影のタイミングで、この作品の世界観の分かる華やかな生徒会長室の中で、ふみちゃんがまだカメラが回っていないのに、タラ~タラ~って言いながら、一人で踊っていたんです。それを見ながらこの作品は大丈夫だなって思いました。

    二階堂:私は覚えていないので、現場の雰囲気にひっぱられて踊っていなんだと思いますが、それがきっかけでGACKTさんが大丈夫だと思っていただいたなら、良かったと思います。


    ―二階堂さんは男役を演じられて、楽しかったですか?

    二階堂:楽しかったです。男性だからこそのシーン、戦いに臨み、行くような力強いシーンに参戦することができたので。ギャグ性の高い作品ですが、後半は愛と革命の話でもあるので、戦う男性を演じられて光栄でした。


    ―では、共演して印象に残っているキャスト?

    GACKT:僕は京本さんがツボにはまっちゃって。本当に撮影中の京本マジックは、マジでヤバくて―。でも、自分のワールドがある京本さんに、ふみちゃんがワールドで返すんです。例えば、初日に入って台本を読んでいると、京本さんが長いセリフで噛んじゃうんですけど、最終的にリハーサルで京本さんが切れ始めて、「このセリフ長いんだよ。初日長いんだよ」って言っているのを僕は我慢できずにプルプル震えて。それに対して、ふみちゃんは真顔で「長いですよね。分かります。長いですよね。」「長いんだよ―」って、その光景に何だこの二人って思いましたね(笑)。


    ―お二人が感じる埼玉の魅力は?

    二階堂:この間、埼玉県知事に謝罪に伺った時に知事が「埼玉はとにかく懐の深い。心が広い場所なんだ」っておしゃっていて。確かにこんなぶっ飛んだ作品をやらせていただけ、協力してくださって、寛大な場所なんだと感じました。

    GACKT:「一言でいうと無いですね。何も無いんですよ。何も無いところが良いところなんです」って埼玉の人はみんな言うんです。それは埼玉の人たちが口を揃えていうんです。でも、埼玉の人たちは基本的にいい人が多いんですよ。


    ―先日のジャパンプレミアでは、続編を作りたいと伊勢谷さんが言っていたそうですが。

    GACKT:僕、ずっと言っているんですけどね。この映画を3部作にしようって。最初から言っていました。『翔んで埼玉』『翔んで宮崎』『飛んだ赤西』(笑)。これ、僕、ずっとブラックで言い続けているんですよ。みんなから言うなって言われているんですよ―(笑)。


    イベントでは、二階堂さんとGACKTさんから来場された方々へ、埼玉銘菓・草加せんべいが直接手渡しでプレゼントされ、イベントは大いに盛り上がりました。またイベント終了時には、GACKTさんから「御礼イベントなどあった時は福岡を優先的に来るようにします」と来場者へ向けてコメントも。
    『翔んで埼玉』2月22日より公開。ぜひ、劇場で声を出して笑ってください。

     

     

     

     

     

    •  
    •  
    •  
    •   
    •  

      映画『翔んで埼玉』
      ●2019年2月22日(金)公開

    •  
    • 埼玉県民が東京都民からひどい迫害を受け、東京都内を自由に出入りすらできないという架空の日本を舞台にしたローカルディスり映画の誕生!!
      東京にある都内の名門私立高校でエリート都民であることを鼻にかける生徒会長の百美。都知事の息子でもある彼は、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に君臨していた。しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗の出現により、百美の運命は大きく狂い始める―。
    • 【スタッフ / キャスト】

      監督: 武内英樹
      出演: 二階堂ふみ GACKT
         伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演) / 中尾彬 /
         間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹
      配給:東映

      ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会