までのイベントを検索
メイク:犬木愛、スタイリスト:黒崎彩
  • 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』特別インタビュー

    小森陽一の人気小説「オズの世界」を映画化。知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、お仕事エンターテイメント『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』が10月26日(金)に公開する。撮影では熊本に実際にある遊園地グリーンランドの全面協力のもと撮影が行われた。

    今回、超一流ホテルチェーンに就職しながら系列の地方遊園地への配属という不本意な辞令を受けてしまった波平久瑠美を演じた波瑠と、今回メガホンをとった波多野貴文監督に作品の魅力を伺いました。
     

    ―熊本県山鹿市出身の監督にとって今回グリーンランドでの撮影。撮影にかける想いとは?

    監督:やはり地元で撮らせていただくというのは、非常に監督冥利につきるというか、こんな作品に巡り会えることも少ないので、お話をいただいた時はすごく嬉しかったです。しかも、自分が小さいころから遊びに行っていたグリーンランドさんで撮れるっていうのは感慨深いものがあり、昔のことも思い出しながら、楽しく撮影ができました。

     

    ―今回は前作とはイメージの違う作品ですが、今作の作り方とか監督がこだわったところは?

    監督:カッコいい大人を描きたいと言うのは一貫してあります。前作はそれぞれの正義がぶつかり合う作品でした。今回は裏でのどんなに大変な努力も、それを見せず笑顔で頑張っている、そういうやせ我慢するカッコいい大人達に気付く波平を描けたらなと思っていました。
     

    ―現実の社会において、配属先にすごく遠いところだったというのはよくある話だと思います。この作品に望むにあたって、どのようなキャラクター像を作り上げていこうと思いましたか?

    波瑠:最初に脚本を読ませていただいて、自分が波平のように新社会人の立場だったら、すごく勉強になる部分がたくさんあるなと思って。作品を通しての波平の成長をきちんと描きたかったので、物語の冒頭で、嫌々やっているっていうのを、きちんと表現したいと思いました。周りに居るのは、波平にとっては聞きたくないようなことを言ってくる大人の人たちかもしれないですけど、それは成長のために必要なことであって、耳を傾けるべきなんだけど、波平自身に原因があってそこを素直に受け入れられていないっていうのをきちん表現したいと思いました。


    ―どういう気持ちで演じられていましたか?

    波瑠:演じながら、波平のことをすごく応援していました。私はちょっとだけ先輩になった歳なので、波平を演じながら、こういう年代のこういう新社会人の方って多いんだろうなと思いましたし。いざ、自分がそういう先輩の立場になったら、出来るだけ輝ける方法を考えてあげたいと思っていましたね。


    ―遊園地ってところで働く人の大変さを感じる映画でしたが、遊園地に対して味方が変わったとかありましたか?

    波瑠:1ヶ月間撮影でお邪魔していて、非日常を味わう場所だけど、そこに毎日いて少しずつ当たり前になっていく感覚が従業員の方もそうなんだろうなって。遊園地で働く、遊園地が職場になることで、ワクワクしながら、でもそこにあるのは現実なので、毎日を過ごしていかないといけない。その感覚ってそこにしかないもので、疑似体験させていただきました。撮影するにあたって、支度場所に事務所を貸していただいたんです。私たちが着替えたりメイクをする部屋のドア一枚開けたらデスクが広がっていて、本当にグリーンランドで務めている方がいらっしゃって、すごく身近に感じられましたし、裏側の大変さもすごくわかりました。


    ―今回の作品は原作者の小森さんが、主人公・波平を描く際に、波瑠さんをイメージして描かれたと伺いましたが、そのような作品を自身で演じられることになった感想は?

    波瑠:すごくありがたいことですよね。お話をいただいた当初は、偶然に私の名前の漢字が名字と名前にそれぞれ入っているなんて、すごい名前だなっていうふうにしか思っていなくて。撮影が始まった日に、原作の小森先生が現場にいらっしゃって「波瑠さんをイメージしました」とその時に言われて本当に驚きました。そんな風に物語を作ってくださる人がいるんだって思いましたし、実際に演じるっていうのもすごいご縁ですし、すごく貴重な経験でしたね。


    ―本作が初主演となりますが、これまでの取り組みと違うことはありましたか?

    波瑠:やっぱり映画の撮影は緊張しました。最近テレビドラマが多かったので、時間を作って足を運んで、お金を払ってみてくださる人たちの目の前で大きな画面に流れると思うと、少し不安になる部分はありましたね。


    ―監督は以前、波瑠さんとご一緒にお仕事をされたことがありますが、波瑠さんの魅力とは?

    監督:透き通るような透明感と、引き込まれる瞳です。世界観がグッーと近くなるというか、それが一番魅力的だなと思います。


    ―実際の現場で、監督はどのようなことをアドバイスされましたか?

    監督:実は無いんですよね。

    波瑠:大丈夫かなって思うほど、細かいことを演出されないんです。

    監督:波瑠さんが波平を演じるっという事が重要なんです。余りに事細かく演出すると僕の波平になってしまうんです。波瑠さん演じる波平と僕が思う波平を融合させる必要がありました。


    ―今回、西島さんとご一緒に仕事をされてみて俳優として得たことはありますか?

    波瑠:こんな風に大人になっていきたいなってすごく思いました。カッコいいっていうと、外見的なことが前に出てしまうけど、本当に尊敬できる俳優さんですね。人としてとても素敵な方なので、その人柄の素晴らしさが俳優としても出ていて、それが小塚さんそのものになっているなって思います。


    ―小塚さんは素敵な上司という感じでしたが、西島さんと重なる部分はありますか?

    波瑠:それをいうと西島さんは、「僕はこんな変な人ではない」って言うんですけど(笑)。すごく、大人の人でこんなに明るくて柔らかな人って貴重だなって。人によるとは思うんですけど、経験積んで大人になるほど、人を緊張させてしまう人も多いと思うんですけど、その真逆をいく、柔らかさがある人ですね。


    ―監督は西島さんを起用されてみて感じたことは?

    監督:撮影機材にレールという特機があるんですけど、それをスタッフと一緒に運んだり、引いたりして、すごく現場が好きな方だなって思いました。


    ―遊園地ならではの撮影の苦労とかはありましたか?

    波瑠:遊園地だからっていうよりかは、グリーンランドって本当に広くて撮影のポイントポイントに移動するのが皆さん大変だろうなって。時々、リフトみたいなアトラクションを移動手段に使ったりしてましたね。


    ―撮影中もグリーンランドは営業中で、来場者もいらっしゃったと伺いましたが。

    波瑠:岡山天音くんとか、アトラクションのこととか、何回か聞かれたって言ってましたね。実際のユニフォームを着て、事務所の周りをウロチョロするので、パッと見間違うんだと思います(笑)。


    ―ユニフォームに腕を通すと意識が変わりますか?

    波瑠:衣装に助けられることはすごく多くて。あのシャツ、ボタンを留めるのが大変なくらい、すごく硬いんですよ。パリッとしていて。でも1ヶ月の撮影でクタッとしてくるんですよ。その慣れがすごく嬉しかったですね(笑)。


    ―劇中で『グリーンランド五か条の鉄則』が出来てきますが、お二人にとって仕事する上の決まり事とかはありますか?

    波瑠:難しいですねー。西島さんが他の取材で応えていたのがあまりにも素敵で、真似したいくらいですね。西島さんは「その現場の中で自分が一番その作品を愛する」っていうのが鉄則だと仰っていて、それを言われると何も言えないですよね(笑)。

    監督:「僕も取り入れよう」っていいましたね。

    波瑠:逆に決めていかないっていうのを、意識しているかもしれないです。出来るだけ本の通りにやりたくて。言いやすいように、セリフを全部変えればいい訳でもないと思っています。私の演じる役でもあるけど、監督やプロデューサーさんたち、いろんな人の思いがのっているキャラクターになって欲しいから、自分ひとりでは固めないようにしています。

    監督:笑顔で撮影する事です。もちろん仕事は大変です。辛い事も苦しい時もあります。それでも怒鳴り声が聞こえる現場は嫌いですね。楽しいものを届けるには、僕らが楽しんで撮るべきだと思うのです。

     

    10月5日(金)UCキャナルシティ13にて舞台挨拶も行われました!!

    『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』舞台挨拶が、10月5日に福岡・UCキャナルシティ13にて開催され、キャストの波瑠、監督の波多野貴文、原作者の小森陽一が登壇した。司会から原作「オズの世界」の主人公を波瑠をイメージして描いたことについて聞かれた小森は、「東京からこちらに嫌々来る女の子をイメージした時に、『マリア様がみている』という映画の髪の長い時の波瑠さんの印象が浮かびまして。何を考えているかちょっと分からない感じで、それで波瑠さんでいこうと思いました」と振り返った。
    また、波瑠、西島の共演について監督は「不思議な科学反応だったというか。すごく透明感があって引き込む波瑠さんと、西島さんの大らかさがいい感じで融合できたと思います。」そして小森は「本当だったら、僕が描いて、波多野さんが監督して、西島さんが出演するなら、波瑠さんは大抵テロに巻き込まれる感じの映画ですよね(笑)。すごくワ―って感じになっていますね。」と語った。
    イベント終盤には、小森から波瑠へのサプライズプレゼントが登場。「原作の『オズの世界』の表紙を立体化したモデルです」と小森から波瑠へ手渡された。「本当にすごいですよね。表紙の波平が今にも動き出しそうな臨場感があり、細部まで作られていて感動しました」と語り、イベントは終了した。
     

    『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』は10月26日より全国でロードショー。

     

    • 【舞台挨拶にて】
    •  
    •  
    •  
    •   
    •  

      「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」
      ●10月26日(金)公開
    • 夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!当然、モチベーション皆無。地方を脱し、東京に戻ることばかりを考えていた。ふてくされながらも、"魔法使い"と呼ばれる風変りなカリスマ上司である小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ、やりがいに気づいていく。小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまうのだった―。
      働いた経験のある人なら誰しも、悩み、迷いながら奮闘する姿に共感し、やがて仕事の極意を掴みとる久留美。知っているようで知らない”遊園地の舞台裏“を舞台にした、最高でハッピーな”お仕事エンターテイメント”が誕生!
       

      監督/波多野貴文
      出演/波瑠、西島秀俊、岡山天音、柄本明 他
      配給/HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム


      ©小森陽一/集英社©2018 映画「オズランド」製作委員会