までのイベントを検索
  • 「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」真夏の日本縦断ツアーin福岡

    7月27日(金)の公開前に、『コード・ブルー』とともに10年間走り続けてきた、主演の山下智久さんをはじめ、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんが10年分の感謝の気持ちを伝えたいと行われたトークイベントが7月21日(土)・22日(日)の2日間、札幌・名古屋・大阪・福岡の4都市で実施されました。

    今回の福岡でのイベント、大阪からの移動中、雷雨のため福岡に着陸する予定の飛行機が熊本に着陸し、キャストの皆さんは熊本から福岡まで移動するというアクシデントがあり、イベントは少し遅れてスタートしました。

    そんな中、登場した5人にはファンから大きな歓声と拍手が贈られ、「皆さんに会えて嬉しいばい」と博多弁で挨拶した山下さんに続き、「福岡の皆さんすいとーよ。福岡に来るのがずっと楽しみだったっちゃん」と新垣さん、そして戸田さんは「大変おまたせしました。福岡のみんな愛しとうよ。この夏はコード・ブルーを見らんといかんばい。今日は思いで作っちゃけんね」と。

     

    福岡では、藤川夫婦を演じる比嘉愛未さん、浅利陽介さんがMCを務め、キャストの皆さんにインタビュー。

    ―この2日間どうでしたか?(浅利さん)

    「今回、試写会とかも特になくて、本当にこのファンミーティングというか、日本縦断ツアーということで、4ヶ所を行かせていただきましたけど、それぞれの土地で歓迎して迎えていただいたことが、すごく嬉しかったです。改めてコード・ブルーという作品に携われて本当に良かったと思いました。」(山下さん)

    「本当にどうなることかと思いました。最後の最後で、無事到着して良かったです。ここに来るまでにプロペラ機だったんですが、福岡空港で雷雲があるから旋回をしていて、ドキドキしました。本当に無事に来れて良かったですし、皆さんが待っていてくれて本当に嬉しいです。ありがとうございます。」(新垣さん)

    「ここに来れて安心しています。4ヶ所のツアーでしたが、熊本にまで行ったので5ヶ所回った感覚ですね(笑)。こうやってファンの皆さんに会えてとても幸せな気持ちです。」(戸田さん)

    MCの2人には山下さんから「どうでしたか?」と質問が。

    「めっちゃ楽しかったです。このドラマ・映画は撮影が本当に過酷で、仲はいいけど、こうやってゆっくり長時間一緒に行動するということがなかったので、修学旅行に行かせてもらっているような。そして皆さんにお会いできて、感謝の気持ちを言えて、幸せな二日間だったなって、しみじみ思います。」(比嘉さん)

    「俺、ここに誰もいなかったらどうしようって思っちゃたんですけど、そんなことは無いですね(笑)。ファンの皆さんの熱いメッセージを受けて、パワーをいただいて本当に嬉しいです。ありがとうございます。」(浅利さん)

     

    ──映画が27日に公開となります。キャストの皆さんにぜひ、ここは注目して欲しいというところを教えてください。(比嘉さん)

    「いろいろあるんですけど。僕らが想っている感情のすべてを味あわせてくれるような。いろんな状況に置かれている人が映画を観てくれると思うですが、本当にそれぞれの人間ドラマがしっかりと描かれていると思ったので。僕らと患者さんとの人間関係をしっかりと感じとってもらえたらと思います。」(山下さん)

    「エンディングまで席を立たないで、最後まで本当に見逃せないです。」(新垣さん)

    「エンディングでこれまで5人が築き上げてきたものが分かるばい(笑)。」(戸田さん)

    「劇場版ということもあって、映像美と音楽が本当に素晴らしいです。映画館でコード・ブルーの現場を体験しているような感覚になると思うので、そこは楽しみにしててください。」(比嘉さん)

    「それぞれの旅立ちがあるので、そこを観ていただいて、観た方が頑張ろうって思っていただけたら嬉しいです。」(浅利さん)

    そしてここからは、司会者に引き継ぎ―。
    特別に来場したファンの方からの質問・感想タイムとなりました。

     

    撮影している時に本気でドキドキしたことはありますか?という藤川夫妻への質問に。浅利さんは「僕がトンネル事故にあって助け出された後、はるかを抱きしめたシーンがあるんですけど。普段そういうことをするタイプではないので、どういう風に抱き寄せていいのか分からなくなって、テンパってましたね」と。そんな浅利さんのコメントに比嘉さんは「私、あの時初めてドキッとした。男らしかったもん。」と話すと会場からは、歓声が。
    さらに10年間で一番変わった人はいう質問に対して、全員で一斉に指をさすことになり、全員一致で『山下さん』に!ご本人も自分を指さしていました。「10年前は僕もいっぱいいっぱいだったのと。いい関係ではあったけど、少しバリアを張っていたとこもあったので、今はもっともっと皆のことも好きになりました。いろいろ挫折経験して、壁にもぶつかって、いろんな人に支えてもらって、励ましてもらえて、人の温かさを感じれたことで変われたと思います。僕自身の成長も皆に認めてもらって、時間と経験が僕らの絆を強くしてくれたなって感じます。」と山下さん。その他にも、NGシーンの話などで会場は盛り上がり、ファンに感謝を伝えたいという5人の想いは来場したファンに伝わったようでした。

    連続ドラマからスタートした『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―』より10年。シーリズ最大のスケールと感動で贈る、ファン待望の劇場版は7月27日(金)公開。

     

    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •   
    •  

      映画「 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 」
      ●2018年7月27日(金)公開

    •  
    • シリーズ最大のスケールとスペクタクルで描かれる大規模災害と、そこに巻き込まれた患者たちが織りなす感涙必至の人間ドラマ、そして10年間、多くの困難に立ち向かい互いを支え合ってきた藍沢ら5人が歩む、それぞれの旅立ちへの道―。
      主演の藍沢耕作を演じる山下智久をはじめ、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介の「コード・ブルー」を10年間支えてきた5名が引き続き出演するほか、3rd Seasonを彩った有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、椎名桔平も勢揃い。誰一人欠けることの無い、ファンが最も求めるキャスティングが実現。
      「コード・ブルー」10年の集大成となる劇場版に、この夏、日本中が興奮と感動に包まれる。
    • 【スタッフ / キャスト】

      監督: 西浦正記
      出演: 山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介 他
      配給:東宝

      ©2018「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会