までのイベントを検索

暑い夏に負けないほど「博多座」8月公演はアツイ!!

 

「老若男女問わず、『博多座』の公演を楽しんでもらいたい」との願いによりプロデュースされた8月の公演はバリエーション豊富な8本。『博多座』初の短期公演を満載した「博多座セレクション」はこの夏必見!


  • 博多座コンドルズ公演『FLY AGAIN』     

    決戦の舞台は未来の福岡ヤフオク ! ドーム !!

    時は西暦2035年。日本国内で完全無敵となったホークスは球団としてメジャーリーグに挑戦することを決意。
    その記念すべき第一戦が福岡ドームで開催されることになった。相手はメジャー最弱チーム。
    楽勝ゲームかと思いきや、1回を終わってスコアはなんと97-0。97点差というギネス確定の超大量失点に超満員の観客は失意呆然。
    もはや笑うしかない試合展開の最中、スタジアムではあらゆるところで様々な人間ドラマが繰り広げられていた。
    果たしてホークスはこの大逆境を覆すことが出来るのか?観客たちのホークス大逆転勝利への想いは届くのか?

     

    ●公演日/8月2日(木)・3日(金) 各日18:30~
    ●観劇料/A席 5,800円 B席 3,000円

    総監督=近藤良平(コンドルズ主宰、振付家、ダンサー) 出演=コンドルズ
    制作=ROCKSTAR

  • コンドルズの遊育計画 2018 in博多座

    ”動き”の専門家コンドルズが、博多座を遊び場にして夏休みのみんなと遊ぶよ!体を使って楽しみ、遊びながら”動き”を学ぼう。

    ”動き”を身につけるのに最適なのはこども時代。”動き”の経験と習得は、将来のこどもの可能性を広げます。”動き”を楽しく自然に身につけられるのは「からだあそび」世代を超えたコミュニケーションにもつながります。

    あそび心いっぱいのコンドルズと、みんなでいっしょに”遊育(あそいく)”の世界を体感しよう!

     

    ●公演日/8月3日(金) 12:30~ あそび場(劇場ロビー)は11:30から楽しめます。
    ●観劇料/全席 2,500円 ※0歳より入場可。3歳以上は有料。但し、3歳未満でも席が必要な場合は要チケット。

    構成・映像・振付=近藤良平
    出演=コンドルズ

  • 大人のけんかが終わるまで

    本作は、「アート」「大人は、かく戦えり」などが日本でも上演されている、トニー賞やローレンス・オリヴィエ賞に輝く劇作家ヤスミナ・レザが贈る、新作コメディです。破局寸前の不倫カップルと、偶然、一晩いあわせることになったその男の妻の友人カップルと、そのまだらボケの母親という男女5名のコミカルな会話劇からなる、シニカルな大人のコメディで、2015年5月にドイツで初演を迎え、現在も再演を続けています。

    そして、日本初演の演出を手掛けるのは、文学座出身の上村聡史。第22回読売演劇大賞最優秀演出家賞や第56回毎日芸術賞第17回千田是也賞、そして演出作品『炎 アンサンディ』が第69回文化庁芸術祭賞大賞を受賞した若手新進演出家です。戯曲を深く読み込み立体化する手腕に定評があり、小劇場から大劇場、古典から現代劇と幅広く活動し、次々に野心的な演出作を手掛ける上村が、自ら本作のドイツ初演を観劇し、演出を手掛けたいと奮い立った意欲作です。そして上演台本は、演出家・俳優とマルチに活躍する劇作家・岩松了が手掛けます。
    不倫カップルを演じるのは鈴木京香と北村有起哉、偶然出会う友人夫妻を板谷由夏と藤井隆、そしてその姑を麻実れい、という顔触れ。実力派キャスト陣を得て、博多座初登場の上村聡史が、曲がり角にきた大人たちの少し苦味のあるコメディを軽妙に仕立てます。
    ある一夜に偶然出会ってしまった大人たちのけんかの結末にご期待ください!

    ●公演日/8月5日(日) 昼の部 12:00 夜の部 16:00
    ●観劇料/A席 10,000円 特B席 8,000円 B席 6,000円 C席 4,000円

    作=ヤスミナ・レザ(原題:Bella Figura)
    翻訳=岩切正一郎 上演台本=岩松了 演出=上村聡史 制作=東宝
    出演者=鈴木京香 北村有起哉 板谷由夏 藤井隆 麻実れい

  • 三谷文楽 in 博多 其礼成心中(それなりしんじゅう)

    三谷幸喜が愛を込めて描いた曽根崎を舞台にふつうの人々の笑いと涙の物語。

    舞台は元禄十六年。
    大坂では近松門左衛門が実際の心中事件を元に書いた『曾根崎心中』が大ヒット。その舞台になった天神の森は悲恋の末に心中を遂げようとする男女の心中のメッカとなっていた。その森の入り口にある饅頭屋の夫婦と心中にやってくる男女の物語を三谷幸喜が書き下ろしました。三谷幸喜の真骨頂、曽根崎に暮らす市井の人々のは笑いと涙に溢れた人情物語。『曾根崎心中』の裏版『其礼成心中』です。
    「ワインをデキャンティングして美酒にするように僕があらたな器になります」と自ら宣言、三谷幸喜が創りだし、大好評を得た三谷文楽『其礼成心中』。
    文楽の伝統と技芸に敬意を評しながら、三谷幸喜がその魅力を彼の筆と演出で自由に創作した庶民の喜劇『其礼成心中』は文楽ファンはもとより、文楽ビギナーズへも文楽の魅力を最大限に伝えました。中でも人形たちの水中シーンは絶品です。文楽の可能性を最大限に引き出した三谷幸喜の超・古典エンタテイメントです。
    三谷幸喜が描いた、決して日本史に出てこない普通の人々の人情物語。
    劇場で大いに笑い、泣きしてください!
    そして、あらたな文楽の「古典」を目指して!
    どうぞご期待ください。

     

    ●公演日/8月17日(金) 夜の部 15:30、8月18日(土)昼の部 11:00 夜の部 15:30、8月19日(日)昼の部 11:00
    ●観劇料/A席 9,500円 特B席 7,000円 B席 3,000円 

    作・演出=三谷幸喜 出演者=竹本千歳太夫 鶴澤清介 吉田一輔ほか

  • 博多座落語「桂米朝一門会」

    戦後、上方落語の復興と継承に尽力し、「上方落語四天王」とも呼ばれ、ついには人間国宝に認定され文化勲章まで受章した故・桂米朝。
    桂米朝はそれまでの上方落語を新しい解釈や表現を加えることで、関西以外の全国に通じる芸として昇華させました。
    現在も桂米朝の残した芸や精神は、多くの弟子に受け継がれ、今の全国的な上方落語の人気を支えています。
    普段テレビで見ることの多い江戸落語とはルーツや中身も異なる上方落語、その神髄を桂米朝の直弟子、ざこばをはじめとした一門の豪華メンバーが惜しみなく博多座の舞台で披露します。

    ●公演日/8月21日(火)13:00
    ●観劇料/A席 7,000円 特B席 6,000円 B席 5,000円 C席 3,000円

    制作=博多座 制作協力=米朝事務局
    出演者=桂ざこば 桂南光 桂米團治 桂吉弥 桂すずめ 桂そうば

  • 北島三郎オンステージ2018「歌と共に…」

    北島三郎オンステージ2018 歌と共に…
    演歌界の巨匠・北島三郎、熱い声援に応えて2年ぶりに博多座のステージに帰ってくる!
    博多座の夏は終わらない!!6公演限定のステージお見逃しなく。

    ●公演日/8月23日(月) 昼の部 13:00、8月24日(金)昼の部 13:00 夜の部 17:00、8月26日(月)昼の部 13:00、8月27日(月)昼の部 13:00 夜の部 17:00
    ●観劇料/A席 11,000円 特B席 8,000円 B席 6,000円 C席 4,000円

    制作=北島音楽事務所 
    出演者=北島三郎 大江裕・原田悠里 

  • 「極」KIWAMI~古典芸能の世界~

    日本の伝統芸である能・狂言、歌舞伎、舞踊の名人、人気俳優が博多座の『「極」―古典芸能の世界』公演で至芸を披露します。人間国宝の能楽師で新作能にも意欲的な梅若玄祥改め四世梅若実をはじめ、古典の芝居を斬新に演じる歌舞伎俳優の市川猿之助、藤間流宗家で舞踊、振付に才能を発揮する藤間勘十郎、そして狂言界の重鎮で人間国宝の山本東次郎が、神髄を極めた芸をお見せします。是非ともご観覧ください。

    ●公演日/8月30日(木)昼の部 13:00 夜の部 15:30
    ●観劇料/A席 12,000円 B席 9,000円 C席 4,000円

    出演者=能/梅若 実 他
    狂言/山本東次郎 他
    舞踊/市川猿之助 藤間勘十郎

  • プレミア音楽朗読劇『VOICALIONIII 博多座声歌舞伎』     

    「声の王様」が共演する至極の音楽朗読劇「VOICARION」シリーズ待望の第3弾が決定!
    日本朗読劇創作の第一人者で、各界から好評を博している藤沢文翁の生み出した物語と絶妙にリンクした生演奏による美しい音楽。豪華な衣装と舞台セット。そして声優界・演劇界で人気・実力を兼ね備えた“トップ・オブ・トップ”の超豪華キャストの出演と、この上なく贅沢な音楽朗読劇となった「VOICARION」。東京で上演された2作は即日完売の人気作となり、観る人を魅了した。
    待望の第3弾となる今回は、博多座だけの上演!
    さらに、博多座にインスピレーションを受けた藤沢文翁がシリーズ初となる和の世界をお届けします。舞台は戦国乱世!想像を超える空間を体感しよう!

     

    ●公演日/9月1日(土) 夜の部 17:30、9月2日(日)昼の部 11:00 夜の部 15:30
    ●観劇料/A席 12,500円 B席 9,500円

    原作・脚本・演出=藤沢文翁
    出演者=石田彰 井上和彦 鈴村健一 諏訪部順一 浪川大輔 朴璐美 保志総一朗