までのイベントを検索

 

  • 2月24日公開映画「レオン」!主演:知英×竹中直人、インタビュー

    ナイスバディだけが取り柄の地味なOLと年商500億の女好きワンマン社長の“心”と“身体”が入れ替わってしまう、痛快で抱腹絶倒のエンターテイメントが誕生。
    今回は、主演の知英さんと竹中直人さんに、作品の魅力を教えていただきました。

     
    -最初にこの脚本を読まれた時の感想をお聞かせください。

    竹中:僕はね。いつもノリ一発です。話の流れを知りたくないんですよね。全部監督に委ねちゃいたいので、脚本を読まないんですよ。読んでしまうと結論に向かっているような感じで、役を自分で組み立てちゃうのが嫌なんです。とにかく、監督の眼差しや、現場で共演者を感じて、動くことの方が楽しい。現場で直感的に感じる事が良いです。今回は監督が本読み、リハーサルみたいなものをやりたいということで、現場に行く前に少しやったりはしました。

    知英:まず誰と入れ替わるんだろうって気になりましたし、話自体、私はずっと笑いながら読んでいました。

     

    -本作で、初共演となったお二人ですが、実際に撮影に入る前と撮影をした後のお互いの印象は変わりましたか?

    竹中:ビックリしましたよ。こんな美しい方と初めてお会いして。現場に行ったら、ハイテンションで来たって感じで(笑)。実際に仕事をしてみて、ものすごく幅の広い女優さんだと感じましたね。竹中:ビックリしましたよ。こんな美しい方と初めてお会いして。現場では、見事にハイテンションで演じていて素敵でした。実際に仕事をしてみて、ものすごく幅の広い女優さんだと感じましたね。

    知英:私は、グループの時から日本のドラマとか映画を観ながら、日本語の勉強をしていました。その中に竹中さんが出演されている作品もあり、作品の度に顔が変わって、すごく好きな俳優さんだったんです。今回初めてお会いしたときは、オーラというか、凄い力を感じました。あと、声にすごくビックリしました。実際に生で聞くと、どこから出ているんだろうっていう、本当に素敵な声に圧倒されました。

     

    -お二人がお互いを魅力的だと感じられているなかで、今回の作品はお互いが入れ替わりを演じていますが、演じることで大変だったということはありましたか?

    竹中:大変ということは無かったですね。知英が本当にエネルギッシュに演じてくれて、現場が停滞する感じも無く、とても楽しい現場でした。

    知英:大変だったことはあまりないです。皆さんにも大変でしたよねって言われるんですけど、大変と言うよりかは楽しかった記憶が残っています。今回入れ替わりものは2回めですけど、竹中さんと入れ替われたからこそ、思いっきりできたこともありましたし、安心して何でもできた気がします。

     

    -現場の雰囲気とかいかがでしたか?

    竹中:現場は本当に個性的な方々がよく集まったなって思います。特に斉藤くんの顔が、圧倒的なインパクト!斉藤くんとは今回が初めてです。もっと役者をやって欲しいと思いました。でも現場で一番笑ったのは、もちろん知英です。知英最高です。僕は人の芝居ではほとんど笑わないのですが、知英と入れ替わってしまう時の知英のテンションもに笑いをこらえるのが大変でした。

     

    -知英さんは長編映画初主演がコメディであり、男性の役を演じるということはいかがでしたか?

    知英:竹中さんを含め、こんな素晴らしいキャストの中で、主演ということで、しかもこういう素敵な役をいただいて、私は本当に嬉しく思っています。コメディというジャンルを今までやりたいと思っていたので、その中でも、竹中さんと一緒にコメディを出来るということは、自慢になるし、心に残る作品ですね。入れ替わりの作品で、男性にはなれませんが、男性を演じてみて楽しかったです。

     

    ―コメディに挑戦してみたかったということですが、実際に出演されてみていかがでしたか?

    知英:難しかったです。バランスっていうか、やり過ぎると自分が気持ち悪いんですよね。周りの状況だったり、相手と間とか、自分だけ浮いてしまうと、外から見たら多分面白くないのかなとか思うし。「なんか、この人頑張ってるな」ってなるのも、嫌だったので、なるべく自然にやるために頑張りました。でも、男の気持ちでやらないといけないので、どうしても動きや表情が大きくなってたので、心配はあったんですが。私がのびのび、思いっきりやれば、みんな楽しく見えるんじゃないかなって思って。私の演じているのを見て、竹中さんも笑ってくれ、「これは成功したな」って。でも撮りながらどんどん欲が出てきました。また、コメディにも挑戦したいです。

     

    ―竹中さんは台本を読まずに演技をされるということでしたが、シリアスな映画とコメディの映画では、現場に入る時の気持ちは変わるものですか?

    竹中:コメディは逆に難しいですね。最終的には監督が決定しますが、微妙なバランスを取るにはかなりの集中力を用します。ある意味、シリアスな方が楽ですね。眉間にシワを寄せていれば。コメディは振り幅に微妙な駆け引きがあります。共演者とのバランスもあるし、コメディは難しいですね。

     

    -監督からはどんな指導、アドバイスがあったんですか?

    知英:監督があまりしゃべらないんです、本当に。でも監督が笑うとOKなんだなっていう安心感がありました。

    竹中:ものすごく照れ屋なんだと思います。でも、嬉しそうな顔すると少年みたいな顔になるんだ。やっぱり監督がまず1番の指導者なので、カットがかかると監督の顔を見て、嬉しそうな顔していると、ホッとします。

     

    -やり直しとかは?

    知英:そんなに無かったような気がしますけど。なんかこだわるところは凄くこだわって、さらって終わるところは、けっこうササって終わった気がします。

     

    -監督がこだわったシーンってどんなシーンですか?

    知英:これは、竹中さんは出てないシーンなんですけど。朝比奈の甥の政夫が悪巧みをしていることを知り、有名な怪獣になるシーンがあるんですけど、「ワー」って言って。そこは結構こだわっていましたね。やり過ぎると気持ち悪いし。怪獣に見えないといけないし。「怪獣をイメージしてやって」って言われて(笑)。でも出来上がったものを観たら、こんなにこだわった理由があったんだって思いました。

    竹中:監督はね僕に「知英が怪獣になるんです」って、とても嬉しそうに言ってたんだよ。

    知英:そうなんですよ。すっごく、こだわってたんですよ、あのシーン。

    竹中:大好きなんだと思う、あの怪獣が(笑)

     

    -知英さんは作中で、変顔がするシーンも多かったですが。

    知英:変顔はもともと好きです。普段やることも多いですよ。でも、お芝居で変顔するなんてなかなか無いので、今回思いっきり、口を開けてみたり、叫んでみたりできて楽しかったです。

     

    -では最後に、作品の入れ替わりにちなんで、今お二人が入れ替わるとしたら、誰ですか?

    竹中:僕は甥の政夫を演じた斉藤くんと入れ替わって、あの顔で街を歩いてみたいですね。すごいんだもん、斉藤くんの顔(笑)。堂々と街を闊歩して、道行く人の反応を知りたいですね。「ぼく斉藤慎二です」って言いながら、歩きたいです。

    知英:私はオードリー・ヘップバーンが好きなんです。タイムスリップになるかもしれないけど、全盛期のオードリー・ヘップバーンになってみたいですね。きっと、今と撮影の仕方とかも違うだろうし、今の時代とは違う、映画スターをみてみたいです。

     

    • (プロフィール)
    • 知英(ジヨン)
      1994年1月18日生まれ、韓国出身。 KARAの元メンバー。2014年から日本を中心にアジア各国で本格的に女優活動をスタート。同年『地獄先生ぬ~べ~』でヒロイン ゆきめ役に抜擢。ドラマ『ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル~』『民王』『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』など話題作に多数出演。映画では「暗殺教室」「片思いスパイラル」などに出演。
    • 竹中直人(たけなかなおと)
      1956年3月20日生まれ、神奈川県出身。 1983年に『ザ・テレビ演芸』でデビュー。俳優や映画監督、ミュージシャンなど幅広く活躍。96年、NHK大河ドラマ『秀吉』で主演を務めるなど、俳優として多数の作品に出演。日本アカデミー賞最優秀助演男優を「シコふんじゃった。」、「EAST MEETS WEST」、「Shall we ダンス?」の3作品で受賞するなど、受賞歴も多数。
    • 【知英】
      スタイリスト:Kan Cheran(NEUTRAL)
      メイク:榎戸恵美(メイクマリエ)
    • 【竹中直人】
      メイク:和田しづか 
      スタイリスト:伊島れいか
    •  

     

     

    •   

       

      映画「レオン」
      ●2月24日(土)公開
    • 磨けば美人でナイスバディの持ち主なのに、あまりに消極的すぎる性格ゆえ、社内で男性社員たちに”ムダパイ”とあだ名をつけられている地味な派遣OL・小鳥遊玲音。初めてできた彼氏にフラれ、会社もクビになるというWの悲劇が玲音にふりかかる。一方、玲音が務めている会社、朝比奈フーズの女好きワンマン社長・朝比奈玲男。偶然2人は車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が…!なんと、心は朝比奈のままだが、体が玲音になっていたのだ。果たして2人の運命は…。
    • 監督/塚本連平
      出演/知英、竹中直人、山崎育三郎、大政絢、吉沢亮
      配給/ファントム・フィルム
    • ©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会