までのイベントを検索

2020/11/16(月)~2021/01/22(金)

【CCA北九州】ラングランズ&ベル展

ラングランズ&ベル展 ~キュレーターのサイン~

「キュレーターは美術界の建造物であり、アーティストはそこにあるレンガと漆喰なのだ。」

ベン・ラングランズ&ニッキ・ベルは、ロンドンを拠点として1978年より共に活動しているアーティストです。 建築の設計・構造に焦点を当て、人と建物の間にある、複雑な関係性を探求する作品で知られています。 また、急速に変化する技術社会と折り合うために使われるコミュニケーションと交流に着目し、その符号化されたシステムをテーマにした作品も発表しています。

ラングランズ&ベルはある時、自分たちのスタジオのアーカイヴを整理し、アーティストとしての人生の中で、やり取りをしてきた手紙などの書類をまとめていました。その時に、活動を始めた時から一緒に仕事をしてきたキュレーターのサインに目がとまりました。 その個々が放つ特性と美しさに心を奪われたのです。 キャリアを始めたばかりの若いキュレーターから、国際的に活躍する有名なキュレーターまで、様々な人のものがあります。 今回のCCAの展覧会では、このサインを一つの作品として展示します。 それらに向き合うことで、美しさの本質が伝わるかもしれません。 奔放であふれるような表現のものから、抽象的で、わざと極限まで簡略化されたものなど、本当に色々なサインがあり、それぞれの特長が凝縮された個の表現であるかのようです。

サインは、自己の内面の世界と、外の世界の敷居に根付く、非常に個人的な表現です。 外の世界というのは、知性と感情、そして個人的な野心が、公での表現として外にさらされる場です。最近では、文化的な会話や議論が急速に普及し、そこにより多くの人々が参加し、関わるようになってきました。 それに対応する形で、独自性と解釈において、より専門的なキュレーターの役割が次第に顕著になっています。

キュレーターの仕事と役割が、時間と共に発展し、進化してきたように、コミュニケーションの方法も、手紙、ハガキ、Eメール、ソーシャルメディア、メッセージアプリと、変化をとげてきました。これまで続いてきた、そしてこれからも続いていく社会的、文化的、技術的変化に、私たちはアートを制作し、展示することで参加しています。 サインは、そういった変化の歴史的記録であり、痕跡でもあるのです。 紙に書かれた、ただの線と見る一方で、一つひとつには、それぞれの基本的な人格がこめられています。 それを集めた今回の展示には、近年における社会の、そして文化の歴史における様々な変化を表し、伝える力があるのです。

美しさを持つ作品として「サイン」を熟考することで、このプロジェクトは、自己と、個々のアイデンティティの問題について問いかけます。 今現在、私たちの自己やアイデンティティは大きな変化にさらされており、デジタルの世界によってこれまでの姿を失いつつあります。 仮想化が増大していく世界において、サインは、身体と言語が出会うことのできる、最後に残された場の一つなのです。

ラングランズ&ベルは、欧米を中心に多数の展覧会を開催すると同時に、美術館やギャラリーだけではなく、特定の場所における数々のアートのプロジェクトも手掛けています。 2021年1月3日まで、ロンドンのジョン・ソーン美術館で「Degrees of Truth」を開催、また、来年には、奴隷貿易にまつわる建造物を主題にした展覧会をガーナのギャラリーで開催予定です。

※ご来館の皆様へお願い
CCA北九州では、各所にアルコール消毒液を設置、会館内の清掃・消毒を強化、また、必要に応じて扉の開放を行い、十分な換気に努めるなどの多数の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をとっておりますが、建物内でのマスク着用、手指の消毒など、皆さまのご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

開催日時詳細 2020年11月16日㈪~2021年1月22日㈮
月曜日 - 金曜日 午前10時 - 午後5時 
土曜日 正午 - 午後5時 日祝・年末年始12月28日~1月3日: 休館 




料金(税込)
無料
ホームページ 詳細はこちら
住所 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市 
情報技術高度化センター 2F

現代美術センターCCA北九州 CCAギャラリー

アクセス:JR鹿児島本線 折尾駅下車/
市営バスにて、”折尾駅西口”バス停から ”学研都市ひびきの”下車 徒歩3分 留学生会館向かい
お問い合わせ 現代美術センター CCA北九州 事務局
TEL:093-695-3691 093-695-3691
FAX:093-695-3692 093-695-3692
メールでお問い合せ

キーワード関連情報:

  • 美術2021/01/16(土)~2021/03/14(日)

    特別展「東京藝術大学スーパークローン文化財展 アジアの美にふれる-法隆寺・高句麗・敦煌-」

  • 美術2021/01/23(土)~2021/03/14(日)

    【福岡県立美術館】郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2020『生きることから──柏崎栄助と...

  • 美術2021/01/21(木)~2021/01/26(火)

    【博多阪急】第2回クラシックカメラ博in博多

  • シーズン2021/01/31(日)

    【「博多町家」ふるさと館】博多のもちつき※もちつき、纏振りは中止となりました。

  • シーズン2021/01/25(月)~2021/01/31(日)

    【アクロス福岡】絵手紙交流「アクロス出会い展」PART10

  • シーズン2021/02/06(土)

    【CCA北九州】東田ミュージアムパーク・CCA連携講座 「妖怪・幻獣学の現在」のご案内