までのイベントを検索

2020/07/14(火)~2020/09/13(日)

【福岡市博物館】戦国時代の博多展9 “筑前表錯乱” ~1550年代の動乱

信長、桶狭間で勝利。その頃、博多は?

 永禄三年(1560)、織田信長は桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、隣国を平定し京都に進出していく大きなきっかけとなりました。この頃、九州においても戦国時代の大きな転換期を迎えます。
 応仁・文明の乱(1467~1477)以降の約100年間を戦国時代と呼びますが、九州では室町幕府の威令が及びにくく、南北朝の動乱から断続的に戦乱が続きました。幕府が九州を治めるために設置した九州探題は15世紀初頭に少弐氏との対立で力を失い、探題渋川氏を支援する形で周防山口を本拠とする大内氏が九州に進出し、筑前・豊前両国を治め、肥前国にも影響を及ぼしました。これより北部九州の政情は、大内・渋川氏と、大友・少弐氏との二つの勢力が対立する状況で推移します。

 長らく続いた両勢力が相争う状況は、1550年代のおよそ10年間を経て新たな体制へと変化を遂げます。最大の要因は、一方の雄であった大内氏が滅ぶことです。天文20年(1550)、大内義隆が重臣陶晴賢の謀反により自害、後継者として大友義鎮(宗麟)の実弟義長が迎えられますが、天文24年(1555)の厳島の戦いで晴賢が敗死、2年後の弘治3年(1557)、義長も毛利元就に攻められ、大内氏は名実ともに滅びました。この過程で大友氏は次第に勢力を伸ばします。大内氏滅亡後、筑前・豊前・肥前3ヶ国において戦乱が激化し、少弐・渋川両氏は歴史の表舞台から姿を消し、永禄2年(1559)には大友氏に敵対する肥前の筑紫惟門により博多は襲撃され、焼き打ちに見舞われます。大友氏は同年末までに敵対する勢力を圧倒し、以前から治めていた豊後・筑後・肥後に加え北部九州6ヶ国を支配下に収めます。戦後、大友氏による博多復興が行われ、御笠川の流路を変更し南側に房州堀を築き、博多は周囲を水で囲まれた防御性を高めた都市に変貌しました。

本展では、館蔵の古文書を紐解きながら、戦国時代の転換期となった時代のうねりを紹介します。

開催日時詳細 2020年7月14日(火)~9月13日(日)
月曜休館(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
※7月23日(木)~8月23日(日)の金・土・日・祝日、8月13日(木)は20時まで開館(入館は19時30分まで)
料金(税込)
一般:200円(150円)、高・大生:150円(100円)、中学生以下無料
ホームページ 詳細はこちら
住所 福岡県福岡市早良区百道浜3-1-1
福岡市博物館
お問い合わせ 福岡市博物館
TEL:092-845-5011 092-845-5011
FAX:092-845-5019 092-845-5019

開催スポット:福岡市博物館

キーワード関連情報:

  • 伝統文化2020/08/12(水)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】発掘された戦争の痕跡

  • 伝統文化2020/07/21(火)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】ダルマさん大集合

  • 伝統文化2020/09/27(日)

    【カメリアホール】福津ふるさと劇場2020

  • 伝統行事2020/08/12(水)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】発掘された戦争の痕跡

  • 伝統行事2020/07/21(火)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】ダルマさん大集合

  • 伝統行事2020/01/21(火)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】※開催中止※チベットのマンダラ

  • 博物館2020/08/12(水)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】発掘された戦争の痕跡

  • 博物館2020/07/21(火)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】ダルマさん大集合

  • 博物館2020/06/10(水)~2020/09/07(月)

    【福岡市科学館】《プラネタリウム》君に届けたい流れ星 songs by 東方神起