までのイベントを検索

2020/01/15(水)~2020/03/15(日)

【福岡市博物館】筑紫でうたを詠んだ人

この土地で何を思ってうたをよむ

しらぬひの筑紫の綿は身につけていまだは着ねど暖けく見ゆ

 こたつから離れがたい季節が深まってまいりました。冒頭は、この一年大きな注目を集めた『万葉集』より、筑紫の特産品であった真綿(絹)から暖かさを想起する一首です。詠んだのは大宰府の観世音寺を造る職に就いた沙弥満誓(しゃみまんせい)。ほかにも柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)、大伴旅人(おおとものたびと)など『万葉集』には、時代を代表する詠み人たちによる筑紫での歌が多く残されています。
 筑紫と歌、残されているのは奈良時代に編まれた『万葉集』だけではありません。平安時代の華やかな宮廷での生活が描かれた『源氏物語』には、乳母に伴われ筑紫の地で暮らした女性、玉鬘(たまかずら)が登場します。源平合戦で都落ちしてゆく平家は、大宰府の地で歌を詠み、連歌したといわれます。
 古代に筑紫に訪れたさまざまな人々は、さまざまな場所でうたを詠みました。なぜやってきたのか、どのようにここで過ごしたのか、詠み人たちに迫りながら、うたが詠まれた背景を探ってみたいと思います。

開催日時詳細 2020年1月15日(水)~3月15日(日)
月曜休館(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
料金(税込)
一般:200円(150円)、高・大生:150円(100円)、中学生以下無料
ホームページ 詳細はこちら
住所 福岡県福岡市早良区百道浜3-1-1
お問い合わせ 福岡市博物館
TEL:092-845-5011 092-845-5011
FAX:092-845-5019 092-845-5019

開催スポット:福岡市博物館

キーワード関連情報:

  • 伝統文化2020/03/27(金)、2020/04/24(金)、2020/05/22(金)

    古文書はじめて~博多史料に挑戦~

  • 伝統文化2020/02/26(水)~2020/04/03(金)

    【「博多町家」ふるさと館】季節展 ひなまつり「うちのおひなさま」

  • 伝統文化2020/02/19(水)~2020/02/25(火)

    【博多阪急】金沢・加賀・能登展

  • 伝統行事2020/01/28(火)~2020/04/12(日)

    【福岡市博物館】電気紋織-博多織から生まれた技術革新-

  • 伝統行事2020/01/21(火)~2020/09/13(日)

    【福岡市博物館】チベットのマンダラ

  • 伝統行事2019/12/24(火)~2020/02/24(月)

    【福岡市博物館】福岡城下で暮らす

  • NEW

    博物館2020/03/25(水)

    【福岡市博物館】スプリングコンサート

  • 博物館2020/03/20(金)~2020/06/14(日)

    【福岡市博物館】PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス

  • 博物館2020/01/28(火)~2020/04/12(日)

    【福岡市博物館】電気紋織-博多織から生まれた技術革新-